このページの本文へ移動

お知らせ

全国緑の少年団活動発表大会・第 41 回全国育樹祭

 
全国緑の少年団活動発表大会
緑の少年団育成功労賞受賞 高田栄さん( 1 番右)
匹見小学校緑の少年団代表 3 名と高田さん
皇太子ご夫妻
11 月 18 日(土)全国緑の少年団活動発表大会、19 日(日)全国育樹祭が香川県で開催されました。

◎全国緑の少年団活動発表大会
今年度全国の「緑の少年団」の中で最高賞を受賞した 5 団が活動発表を行いました。5 団のうち、島根県「匹見小学校緑の少年団」も最高賞を受賞し、たくさんの方が見ている中で堂々とすばらしい発表をしました !

「匹見小学校緑の少年団」は地域の代表的な特産品「わさび」の栽培を通して、豊かな自然のふるさとの大切さを学んでいます。また、この学習は保育所から中学校までの 10 年間にわたって取り組まれおり、地域内だけでの活動ではなく、大阪府高槻市の児童との交流にまで拡がっています。

併せて「緑の少年団育成功労賞」として、匹見小学校緑の少年団の活動を支援している匹見町の高田 栄さんも表彰されました。

◎第 41 回 全国育樹祭
香川県満濃池森林公園にて開催。皇太子ご夫妻が出席され、88 年の「第 39 回全国植樹祭」で現天皇、皇后両陛下が植樹された「ヒノキ」と「クロガネモチ」のお手入れをされました。
「匹見小学校緑の少年団」は皇太子ご夫妻の席の前で斉藤農林水産大臣から「みどりの贈呈」として、コナラの苗木を受け取りました。5,000 人の参加者が見つめる中、その他の受賞者と一緒に正面ステージでしっかりと大役を務めました !