このページの本文へ移動

お知らせ

全国緑の少年団活動発表大会・第 42 回全国育樹祭

 
全国緑の少年団活動発表大会:池田小学校緑の少年団
緑の少年団育成功労賞表彰:大田市 伊藤宏 様
池田小学校緑の少年団と伊藤宏さん
全国育樹祭式典
参議院議長より大会会長賞の授与:池田小学校緑の少年団
11 月 17 日(土)全国緑の少年団活動発表大会、18 日(日)全国育樹祭が東京都で開催されました。

◎全国緑の少年団活動発表大会
今年度、全国の緑の少年団の中で最高賞を受賞した 5 団が活動発表を行いました。
島根県大田市「池田小学校緑の少年団」も同賞を受賞し、たくさんの方が見ている中ですばらしい発表をされました。

「池田小学校緑の少年団」は三瓶山で絶滅の危機に瀕している「ヒロハノカワラサイコ」というバラ科の多年草を校内で育て、三瓶山へ移植する取り組みなど、ふるさとの自然を守る活動が高く評価されました。

併せて「緑の少年団育成功労賞」を、同少年団の活動を支援しておられる、大田市の伊藤宏 様が受賞されました。

◎第 42 回 全国育樹祭
東京都調布市「武蔵野の森総合スポーツプラザ」にて開催。皇太子ご夫妻が出席され、皇太子さまは「森を育み、木を暮らしにいかす、木と共に生きる文化がこの東京の地から全国へ、そして次世代へと大きく広がっていくことを願います。」とあいさつされました。
「池田小学校緑の少年団」は皇太子ご夫妻の前で参議院議長より、受賞少年団の代表として大会会長賞を授与されるとともに、農林水産大臣から「ヤブツバキ」の苗木を受け取りました。池田小学校緑の少年団 代表 2 名は、5,000 人の参加者の前でしっかりと大役を務めました。