このページの本文へ移動

お知らせ

大田市三瓶町の小学校で「学校教育環境向上のための緑化事業」記念式典

 
(公社)国土緑化推進機構 瀬戸常務理事 あいさつ
(公社)ゴルフ緑化促進会 遠藤専務理事からユニフォーム贈呈
緑の少年団 植栽保護活動の発表
サクラの植栽:北三瓶オキナグサ愛護少年団(北三瓶小学校)
サクラの植栽:志学小学校緑の少年団
サクラの植栽:池田小学校緑の少年団
閉会のことば
3月20日(水)大田市立北三瓶小学校、志学小学校、池田小学校の3つの小学校の「緑の少年団」約50名が参加し、池田小学校で標記事業の完工を記念し、式典を開催しました。

この事業は「緑の募金」を活用し、2020年三瓶山開催の「全国植樹祭」会場近隣地域の教育環境向上のため、三瓶山固有植物の保存を図ろうと3校の「緑の少年団」が三瓶山西の原へ植栽を行うとともに、池田小学校敷地内のサクラ枯損木の伐採と、その材木を利用した植栽植物の案内看板の作製を行いました。

また、記念式典の中では、(公社)ゴルフ緑化促進会様より「緑の少年団」ユニフォームの贈呈と、北三瓶小学校(オキナグサ)志学小学校(ユウスゲ)池田小学校(ヒロハノカワラサイコ)それぞれの少年団の植栽保護活動を発表後、池田小学校の伐採跡地へサクラの記念植樹を行い、校庭緑化をすすめました。

閉会のことばで、北三瓶小学校の大前真優さんが「わたしたちは3つの植物の保護をしています。今まで以上に地域の人にも知ってもらい大切にしていきたいです」と述べました。