このページの本文へ移動

お知らせ

幼児期における森林環境教育の推進に向けた検討会

 
3 月 2 日(月)県林業会館において、「第 2 回 幼児期における森林環境教育の推進に向けた検討会」を開催しました。

近年、幼児期に森林等の自然環境を活用した保育の実践事例が増加していることから、小学校における「緑の少年団」活動につながるような幼児期での森林環境教育の実施に向け、検討会を設置し調査研究を行ってまいりました。

自然保育実施園での活動事例や、県内で自然保育に興味のある園職員への研修会の開催した際のアンケート結果をもとに、
① 幼稚園・保育園周辺の森林や園庭等の整備による教育環境づくり
② 園職員に対するリスクマネジメント研修や、森のプロが園へ出向いて行う「出前講座」の実施
が園の希望として多かったことから、当会でも県教育委員会、健康福祉部との連携を進めながら、今後も取り組んでいきたいと思います。

県民の皆さまからお寄せいただいた「緑の募金」は、県内の子どもたちの森林環境教育にも役立てられています。
引き続き「緑の募金」にご協力お願いいたします。